2017年9月23日土曜日

「明治のGKが求められるもの」 1年 早川友基

「明治のGKが求められるもの」
1年 早川友基

こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただきます。経営学部一年の早川友基です。
少し長くなりますが最後まで読んで頂けるとと幸いです。

明治大学体育会サッカー部という組織は全国のトップに位置付けている。その中でのGKの難しさを伝えたいです。
ピッチ内において、選手のレベルが攻守において非常に高く、特にディフェンスが固い。そういった中で難しいシュートが1本、2本飛んでくる。それを止めれるかによってチームの結果を左右することになります。
またGKというポジションは1つしかない為、スタメンに君臨し続けるという事は非常に大変であり、安定したパフォーマンスを維持しなければなりません。
先日の総理大臣杯で、公式戦に出場させていただきました。1点を競うゲームではテクニックは勿論、勝利へのメンタリティがとても重要だと感じました。ここぞという場面で止めれるGKにならなくてはいけない、どんな時も後ろからコーチング、セービングで支えることのできる安定したGKを目指さなくてはいけないと体感させてもらいました。
またピッチ外でもGKは信頼感が非常に大切で、私生活や仕事を通じて仲間の手本とならなければいけないと思います。
そのような中で自分のやらなければいけない事、追求すべき事は山ほどあると再度認識し全力で取り組んでいかなければいけないと感じています。

後期が始まりましたが、自分の特徴であるキックの質、セービングのレベルを見つめ直して高いレベルに持っていく事とプラスアルファでやらなければいけない事を全力で取り組み、チームに貢献できるよう、テーマの「一進」が表すとおりチーム一丸となって頑張っていきます。

長文になりましたが最後まで読んでくださってありがとうございました。

2017年9月20日水曜日

「勝って学ぶ」 2年 中村健人




「勝って学ぶ」
2年 中村健人

負けや失敗を糧に学び成長することは大切である。
しかし僕は勝って学ぶ事、得る事の方が多いように思える。
「勝負事はやっぱり勝たなければならない。勝つことが当たり前というものすごいプレッシャーの下では、勝ち続けないと失うものが多い。勝ち続けていれば相手は色々な対策をうってくる。それを予想し立ち向かうための準備や練習を積み重ねていく。逆に対策をする方は相手がハッキリ見えている為、ある意味、楽かもしれない。しかし、勝ち続けてトップを走っているかぎりは、いつも未知の世界に突き進んでいかなければならない。」
これは元大相撲力士の貴乃花さんの言葉である。

僕は高校時代の経験から、この言葉に非常に共感をした。
しかし、僕は、あくまでアマチュアでの経験であって、これがプロの世界でとなると想像し難い程のプレッシャーだと思う。


他にも、勝つ事で今までやって来たことが間違っていなかったという確認ができ自信がつくこと、勝ち続けることでレベルの高いステージで試合ができること、多くの人に注目されること。このように勝たなければ体験できない事がある。
勝って当たり前という環境で過ごし続けることで、少しずつ勝者のメンタリティはつくと思う。
僕は、勝利にこだわって過ごしていきたい。

チームを勝たせる選手になるためにこれからも取り組んでいこうと思う。



2017年9月17日日曜日

「強さ」 3年 橋岡和樹






「強さ」
3年 橋岡和樹


こんにちは。
今回部員ブログを担当する文学部 文学科 フランス文学専攻三年橋岡和樹です。

私は明治大学体育会サッカー部に所属して三年目になりました。ここではたくさんのことに気付かされます。その中でもここには「強くなれる要素」がたくさん転がっていると大きく感じています。

たとえば一年生の時の仕事、朝6時からの練習、狭い部屋での8人または16人での共同生活などさまざまな出来事が強くさせてくれます。

一見、辛いことだけのように思えるかもしれませんが、そこから得るものが大きすぎると、とても感じています。逆境や苦しい時にこそ「強くなれる要素」はたくさん転がっていると思います。

しかし、強くなれる要素が転がっていてもそれを自分自身が拾いにいかなければ手に入らないということも明治大学体育会サッカー部にきて大きく気付かされました。正直自分は強くなれる要素を自分で手放していっていることがあったと思います。しかし短い時間であってもいくつでも自分次第で強さを吸収できると思っています。

そして後期リーグ戦、インカレで自分の強さがチームへプラスの影響を与えられるよう努力していきます。明治大学体育会サッカー部に関わってる全員でリーグ戦、インカレ獲りにいきましょう!!

2017年9月14日木曜日

「見た目はボロくても中は都」 4年 長津大裕




「見た目はボロくても中は都」
経営学部経営学科4年長津大裕

こんにちは。
今回の部員ブログで何を最後に書いたら良いのかなかなか悩みましたが明治大学体育会サッカー部の先輩方から今に至るまで多くの事を伝えてくれ成長させてくれている寮について書いて行きたいと思います。

入部当初誰もがこの寮に住むのかと驚きが隠せないと思います。一年生の時は部屋には全学年が狭い空間にに居ることに緊張しながら日々過ごしていた事を思いだします。私は有名な16人部屋ではなく2号部屋という8人居る部屋で過ごしました。正直、 一年の時は仕事とサッカーと学業で寝るだけの場所であまり深く部屋について考える事はありませんでしたが、今四年になりこの経験はやりたくてもできない素晴らしい環境なんだと感じました。
就職活動が始まった4月頃にふと寮について考える時間があり、明治大学サッカー部はこの寮があるから一体感や規律そして絆が強くなっているのだと考えました。考えが合わない人や自分の思い通りに行かない事が狭い空間で多く起こるこの場所はまさに社会をミニチュアにした場と考えました。社会に出れば気の合わない人や上司や理不尽な事が多く起こる事を18歳の若い頃から経験しその上でサッカーという大好きな事に取り組める場は日本でも多くない事を就職活動を通じて学びました。この経験ができるのは学校を始め両親や今まで文化を積み上げてきてくださった先輩方のおかげだと感謝しています。
残り少ない期間ですがまだまだ人間的にもプレイヤーとしても成長するヒントが多く隠させていると思うので1日を大事し、リーグ戦とインカレの残されたタイトルを全力で取りに行くために一進で頑張って行きたいと思いますので応援の程よろしくお願いします。

2017年9月11日月曜日

「家族の大切さ、兄の存在」1年 蓮川壮大


「家族の大切さ、兄の存在」
1年 蓮川壮大


こんばんは。
1年の蓮川壮大です。

少し文章が長くなりますが、最後までお付き合いして頂けると嬉しいです。


「感謝」
ありきたりの言葉だと思う方もいるかもしれない。
ただこのよく聞き慣れた、「感謝」こそ、1人の人間として、1人のプロサッカー選手を目指すスポーツマンとして最も必要で大事なことだと私は思う。


私はとても恵まれた環境で日々生活し、そしてサッカーをしてきた。
現在、明治大学監督の栗田さんやスタッフを始め、ユースまでお世話になったFC東京のスタッフ、どんなに遠い地でも応援に駆けつけてくれた東京サポーターの方々、共に同じ夢に向かって切磋琢磨した大好きな仲間達、たくさん笑った高校の友達、小学校のチームのレジスタFCのスタッフなど、他にもたくさんの方々に支えてもらって今の私がいる。

そんな中でも常に自分の味方、自分を正しい方向に導いてくれたのは「家族」である。
どんなに辛い、悔しいことがあっても家に帰れば温かい母、尊敬する父、優しい祖父母がいて、私と同じ夢を持つ憧れの兄がいた。
家族についてまだまだ書きたい事がたくさんあるが、長くなるので完結にまとめると、私は家族みんなが大好きである。


私の夢は、プロサッカー選手になりFC東京のエンブレムを背負い味スタで躍動すること。そして、お世話になった方々を試合に招待し、大勢の青赤サポーターと共に「シャーシャーシャー」をやることである。
欲を言えば、兄と同じピッチでFC東京のユニフォームを着て戦いたい。


これが私にできる、家族、お世話になった方々への1番の恩返しではないかと私は考える。

この夢を達成するために、今シーズン残り4ヶ月弱という期間を1年生らしくフレッシュにかつ、貪欲に努力し前向きに明るく1日1日を過ごしていきたいです。



最後まで読んで頂いた方、本当にありがとうございました。
まだまだ未熟な私ですが、これからも応援よろしくお願いします。



2017年8月30日水曜日

「自発的、人間性の大切さ」 2年 中川諒真




「自発的、人間性の大切さ」
2年 中川 諒真


高校時と大学に入ってから自分自身、多くの変化があった。
高校生の時は、決められた時間に学校に行き、授業を受け学校が終われば部活に行き、監督に指導をしてもらうというある程度決められた事を行っていた。
しかし、大学に入り授業の時間割は自分で決めて出席し、サッカーではメニューはあるが高校の時のように強く指摘してくれたり怒られたりしない、
その中で学生間で高め合い自分で考えてプレーをする。

大学では自発的にやらなければ力はつかない。
筋トレもやるかやらないかは自分次第。
高校時に比べて自分自身で考え見つめ直す時間が増えた。
何が足りなくて、何が強みなのか、今何をするべきなのか。
高校の監督が何故あんなに強く自分に言ってくれていたのか
明治大学に入ってわかった気がする。
私自身の弱さを本当の意味でわからせてくれる。
きつい中でも自分が走ることでチームが助けられたり、
うまくいかない時でも文句ではなく改善策を見つけ改善し、声を出し鼓舞してチームを引っ張る。
明治の選手はそういう選手でなければならない。
こういったことができる選手がピッチに立つ資格を持ち、
周りから絶大な信頼を得る事ができる。

私自身、まだまだ弱い。
もっと走らないといけないし、声を出して引っ張っていかなければならない。
こういった事はサッカーだけでなく人としても大きく成長することができると感じている。

総理大臣杯、後期リーグ戦、インカレをこのチームで優勝する為にも
自分自身に指先を向けて自分の弱さを見つめ直し、改善し成長する。
苦しい時に誰よりも走り声を出し、何よりどんな状況でも点を取れるFWになって
このチームで優勝する!!

2017年8月27日日曜日

「人との出逢い」 3年 袴田裕太郎




『人との出逢い』
3年 袴田裕太郎

こんにちは。
今回部員ブログを担当します法学部3年の袴田裕太郎です。

早速ですが、この21年間の人生を歩んできて『人との出逢い』によって私が今ここに居ることができ成長できていると感じたので、この『人との出逢い』という記事を書かせていただきます。

そもそも『出会い』と『出逢い』の違いってなんだろう。と考えたときに、『出会い』はどうゆう人にも使い『出逢い』は運命の人や大切な人に使うように感じます。

私は6歳からサッカーを続けてきて今に至りますが、それまでに多くの人と『出逢い』、影響を受け、成長する事が出来ました。私は人見知りでなかなか話しかける事が出来ませんでしたが、サッカーを通じて友達も出来るようになりました。

つまり、私がこれまでに『出逢う』ことが出来た人全てが私にとって運命の人だと思っています。
『出逢い』によって、私が影響を受けたように私自身も人に影響を与えられるような人間になりたいと思います。

その中で、明治大学体育会サッカー部に入部することができたのも何かの縁だと思います。この組織で出逢うことの出来たみんなと仲間として、ライバルとしても全員で『一進』というスローガンのもと日本一を目指し日々取り組んでいます。

この運命の『出逢い』を大切に、全員で日本一をとりたい!今はそんな気持ちでいっぱいです。

そして、これからも人との『出逢い』を大切に生きていきます。

まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。